スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年 転

しばらく更新が滞っていました。忙しかったり、体調を崩したりしていたこともあります。
それ以上に、もうすぐ40歳になるにあたって、とにかく何でもやるということから何をするために何をしないかを考えていたともいえます。進むべき方向のための苦労に絞ろうとも思っています。

たくさんやって成果を出すより、できるだけ無茶せずに成果を出すためにどうするか。仕事に依存しない、仕事と私事をうまく重ねる、生活を仕事の犠牲にしない。

3つ目はまだ少し体調を崩しがちだったことを考えると改善の余地がありますが、最初の二つは少しずつできるようになってきました。

来年こそは体調を崩さず、生活も犠牲にせず、成果もたくさん残し、自分の夢にも近づいていきます。

今年を振り返ると正直大変だったことや、思う通りに行かないことが前半は続きました。しかし、周りのみなさまの協力もあり、最後の最後に来年の明るい展望が見えてきました。
あとは、先輩から借りた本の言葉が自分の背中を押してくれたと思います。
==========================================
無理するな。ライくんは自分を変形させすぎなんよ。みんなその場は感謝する。
ほいじゃあ次はライくんのために周りが変形してくれるか?逆じゃ。
もっと変形してくれるいうんを前提に次のことを考える。

(中略)

よう誤解されますけど、僕は本来感情的な人間です。
これまで自己表現の労を惜しんで、それらを溜め込むことに慣れてきた。
ああしてほしい、こうしてほしいいうて頼まれちゃあ、異存ありませんいうて頷くのがこれまでの僕の人生ですよ。この電話もそういう予定じゃったでしょう?
ほかに人から大事にされる方法を思いつかず、あとどのくらい我慢できるかいな思うて、砂時計を見つめ続けてきたんが僕です。
ところがね、僕の手元の砂時計なんか当てにならんというのを最近知った。僕の時計にはまだ余裕があっても、砂はどっかで勝手に落ちるんです。早めに気づいて、ひっくり返してまわるほかない。特に大事な人々の時計は。 ブラバン | 津原 泰水

==========================================
おかげさまで周りに迷惑をかけることは増えたと思います。
でも、こうでなければという変な自分へのとらわれからも抜け出せてきた気がします。
そうです、自分だけでなく両親も年老います。
もう砂時計の時間はそんなにたっぷり残ってはいません。

上記の話を聞いて、きっと大学までの友達はびっくりするでしょうね(笑)
こんなわがままなやつはおらんやろと。そうです。
おさえてようがそのままいようが私はうまく立ち回るような器用さはないんです。
ので、小さいことは振り切っていこうと思います。

40歳までに(本当は35歳だったけど・・・)奈良で仕事を作るぞというためのステップ、今年は案件化までは行きませんでしたが、奈良の方々ともいろいろ仕事で動けるようになってきました。志を共に、一緒に動いていきたいと思える方々とも多く出会えたと思います。個人的には当帰が私のキーアイテムになってきそうだなと。

音楽のほうも2016年から入らせていただいたOBC Jazz Orchestraを引き続きさせていただき、コンボのほうもトリオ結成に向けて動けています。来年はぜひトリオでもライブをしたいと思っています。

来年は2009年以来、地域の仕事に関われます。このブログを始めてすぐ、仕事は地域から遠ざかり続けていましたが、来年はようやくスタートラインに立てそうです。来年は会社の地域関連事業を全国に広げていく役割を担います。まだお会いしていないみなさまとも、しばらくご無沙汰していたみなさまとも、ぜひ共にサステナブルな地域を増やして行けたらと思っています。

今年も大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。(写真は9月のLIVE写真です。)
OBC Jazz Orchestra
スポンサーサイト

物々交換と貨幣経済の間

貨幣論に精通している訳ではないので詳しくはないです。
でも昔は物々交換だったことや、万能な価値基準として貨幣が生まれて、
持ち運びに便利になっていって、ITで物理的制約を超えてデータで金融市場が世界に広がって。
規模の経済というメリットで地球を前提にしたらもうほとんど広がれません。

一方で、ある国の危機が世界の危機にもなりやすくなりました。
産業革命後市場をコントロールしようとしていろんな超天才達が市場のコントロールを目指して、
やはりうまくいきませんでした。

という事は、コントロールできないもので資産を未来に残す事は、
かなり難しいんだなと思います。
紙とアルミと銅、亜鉛、ニッケルの固まりになる可能性は十分あります。

その昔は、山や土、川、海、家畜などが資産でした。
今でも家畜などは貴重な資産です。
特に資本主義経済が浸透していないか機能しきっていないところでは。

ということは、やはり交換機能だけをもつものでなく、
交換機能とそのもの自体の機能があるものが貨幣の次に来そうだなと思います。

地域通貨というものも期待されます。多分いつか機能する気がしています。
でも、通貨という名前がイメージを歪めてしまったところはあると思います。

どうしても地域限定クーポン券みたいなイメージがあるからです。
おそらく労働力のポイントや、物がそういった代わりになるほうが現実的ですね。
ふるさと納税なんかは中抜きやうさんくささがあるでしょうが、
あれも立派な地域通貨的役割をしていますよね。=ではないけど。
納税というより地域産品+税負担回避を買っているような人が多いですからね。

今でも田舎はお裾分けやお互い様文化です。
こういう言い方はいやがられるでしょうけど、恩義が見えない貨幣なんでしょうね。
もちろんそんな見返りを求めてやっている人ばかりではないし、
そういうものだからという風習なのでしょうけど。

長い年月をかけて村の規範となったものはロジックが不明な物も多いですが、
数々の経験則からコミュニティを持続可能にするための合理的部分最適解なのだと思います。

これからはお金が足りない時は、物や労働力などで補うような経済が少しずつ発達する気がします。
その中には利便や交換機能という価値以外に、
嬉しい・楽しい・大好きというような感情的価値も入ってくるのでしょう。

それをシステムにすることは難しそうですが、民俗学と統計学と経済学などが融合して、
きっといつか出来てくる気がします。まとまりないですが雑感です。

テーマ : ソーシャルビジネス
ジャンル : ビジネス

2012年もありがとうございます

2012年ももうすぐ終わり、2013年が始まります。

仕事が一次産業のコンサル部門から、転々と異動することで、
なかなか現場の記事をあげるのが難しくなってきましたが、
それでもこのブログに来てくださる方がおり、時々メッセージをいただき、
とても感謝しております。


「地域コーディネーター」ってなんでしょうか?


「地域コーディネーター」ってなんでしょうか? や、
そんな仕事あるのでしょうか? 等々のご質問を受けることがあります。

正直私の中にこんな感じというのがあっても、
まだきちんと定義して使われている言葉ではありません。

先日、大企業のコンサルタントを務めている親戚と話をしていて感じました。

企業組織は、転職や短期的な人事採用で流動性が高まり、
企業に勤めるなら専門家(いわゆる手に職)のほうが失業しにくいという個々人の選択がはかられ、
結果、専門性と専門性、顧客ニーズ等をつないで、1つの形にする人が減っている。
親戚がコンサルタントとして、すべて基礎情報を集め選択肢に整理している状況をうかがいました。

地域は、転居、転勤等々で進み、人口流出が若い人が出ていき、
その地域しか知らない人が出てきて、過疎を止められず、仕事が造れなくなっている。

そして、CSRや会計の世界でも、企業報告を統合する流れが出ています。
個別に専門的な情報があふれ、結局全体でなんなの?というのがわからないという問題です。

もちろん例外はたくさんあるでしょうが、私の周りにはこの3つの類似点が、
いろいろな仕事をさせていただく中で、常々感じていることです。

驚いたのは、「踊る大捜査線」の1シリーズで「コーディネーター」が専門家として出てきました。
確かに専門ノウハウはいるし、スキルとして調整力を認める流れはわかりますが、、、

とはいえ、いわんとすることは、地域(組織)に「あるもの」を探し、
そこから組み合わせ(編集)の妙で仕事を作ることが今の時代に求められているのかと思います。


組み合わせの強み

何かしら強みは必要ですが、1つの強みのみで専門性を活かすにはあまりに競争が激しく、
力を発揮できる場所も少ない。そんな中、2つ以上の強みを掛け合わせることで活躍する人が、
周りでいろいろ出てきます。


NPO×マーケティング×web=NPOマーケティング or 寄付マーケティング(ファンドレイジング)
リサイクル営業×ITシステム=営業システム構築 or その利用普及
林業×マーケティング×経営=林業コンサルティング 地域コンサルティング
風力発電×金融×マーケティング=ソーシャルファイナンス etc

イメージでいうと、ドラクエのレベル90の僧侶や魔法使いも重要だが、
レベル30くらいの賢者や勇者、魔法剣士のほうが力を発揮できるところがある気がしています(笑)
そして、個人の中の組み合わせでなく、個々人の組み合わせの力が求められていると思います。


よいお年を


2013年もまた新しい仕事となり、いろいろつまづきその中から新しい何かを身に着ける年となります。
仕事で地域に出会い、やはりいつか奈良でと思い、ブログも始めてから5年目となります。
2012年に京都に戻ることができ、奈良に行きやすくなりました。
来年から少しずつ奈良でのアクションも表立ってしていかねばと思う2012年末。
皆さまにとってもどうか良い1年になりますように。
2013年もよろしくお願いいたします。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

2011年ありがとうございます。

2011年はCSRの仕事にうつり、なかなか休みも取れなかったため、地方の現場に行けることは少なかったですが、新しい可能性も感じました。大企業のCSR部門と地域活性化で知り合った方々はあまりつながっていないということです。
私が今まで築いてきたネットワークと大企業のネットワークはほとんど被りませんでした。

来年は京都に拠点を移し、近畿の現場にももっと顔を出していきたいですし、地域とCSRをうまくリンクさせる動きができたらと考えています。

同期がNPOでエッジを聞かせて、案件化もできつつあるので、そちらとも連携して、広い意味でソーシャルビジネスと呼ばれる事業やそれを志す人々と、大企業の資金や力をうまくつなげていけたらとおぼろげながら考えています。

2012年、さらなる出会いと新たな経験にむけて、皆さま今年もありがとうございます。
来年もよろしくお願いいたします。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

近況報告

先週末、2年ぶりに人口2名の島に行ってきました。
本業の仕事が地域から少し遠くなり、
本業が手一杯でしばらく地域から遠ざかっていました。

久しぶりに行って、すごく楽しかった。嬉しかった。
お二人も、牛も鶏も山羊も、みな命に満ち溢れていました。
私の生きる力は本当に弱いとあの島に行くと思います。

今年の天候のせいか、みかんが甘くないというのが少し気になりましたが、
それでも、まな、せと、なぎさはおいしそうに食べていました。
あきなとわかばはその臭いで近寄ってきて。
そして生まれたばかりの「そら」。
小さいのに草をたくさん食べてました。

元気をいただいて、また頑張ります。
いただいたライムと卵がおいしくて、今日も幸せな気分でした。

あと、一緒に頑張っていた友人が創社しました。
嬉しい限りです。私は特に何も力になれませんでしたが、
今後もできる限り、応援したいと思います。

来年もまた新しい挑戦となりそうです。

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
838位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
223位
アクセスランキングを見る>>