スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病児保育、病後児保育 NPO法人ノーベル代表理事 @aki_kou さんとの出会い3 #hoiku #kodomo ~同志を増やして頑張っていきたい~

今回は、高亜希さんに起業以前のお話や、東京と近畿の違いをうかがいました。

高氏「大企業にいたときは、自分の立場が感覚としてわかっていても、
   それがなかなか言語化できないということを自他共に感じました。

   ビジョンやミッションが腑に落ちたら、個々人成長するはずなんですが、
   大企業ですと、そこが結びつくのが難しい。
   それさえできたら、大企業でもみんなやりがいを持てると思うのですが。」

私「なるほど。私は大企業(500人以上)で働いたことがないですが、
  やはりTOPとの距離が離れると、
  なかなかミッションと実務が結びつかないことは、経験しました。

  判断の軸がシンプルでなくなると、悩み、メンタル的にも良くないです。
  私自身随分迷っていた時期がありました。

  今はTOPに『お前らしく、愚直に進め。それを期待している』と言われ
  随分すっきりしました。」

高氏「あとは、フローレンスの研修に行ったとき感じましたが、
   東京の方は熱心ですね。学生のインターン生も努力をおしまない。
   顧客のためにみんな必死です。行動も早いし、本も読む。

   いろんな考えの方がいて、たくさんの情報とネットワークがある。
   近畿はまだまだのんびりしているので、同志を増やして頑張っていきたいです。

高さん 2高さん ひきぎみの図
「私自身まだ子育てを経験していないので、
まだまだ勉強中ですね」と高さん


私「大変ですが高さんのような方が近畿にいてくださって、
  すごく心強いです。これからもよろしくお願いいたします。」

今、方向性を摸索している世の中にとって、
高さんのように旗を揚げる1人目の人が本当に重要です。
私も及ばないですが、掲げる旗を探しながら、
今は旗を掲げている人のご支援ができればと思いました。

私「ちなみに、勝間和代さんの取材とかもあって、
  とってもお忙しい時期だったのに、どうして私にお会いしてくださったのですか?」

高「環境のことをいろいろ知りたいとか、
  ソーシャルビジネス推進というのにひかれたとか、
  確かにいろいろありますけど、、、、

  やっぱり、会いたい、話を聞きたいって言われたらうれしいじゃないですか。」

本当に謙虚で、かつ強くて優しい感じを高さんから感じました。
とっても魅力的なリーダーです。
今後もまた連携をとって、近畿を、関西を盛り上げていきます。
ちなみにSIOのネットワークにも快く入っていただけました!

もしこういう仕事をしたい、こういうサービスを受けたい、
そう思われるのであれば、
寄付をする、対価を払ってサービスを利用する、何か手伝えることを手伝う。

サービスを利用することで、市場が広がります。
寄付をすることで、団体が人を雇い、事業を拡大できます。
発信することで、PRに貢献できます。
現場で何かお手伝いすることで、空いた時間で団体は、他の活動ができます。

とにかく応援のためには、
何か行動を起こすこと。
それは自分がやりたいこと、できることでいいと思います。

高亜希さん、本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
768位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
200位
アクセスランキングを見る>>