10月29日 斉藤俊幸先生講演「内発型雇用創造と商店街」1 #chiiki #satoyama #kankyo

10月29日はNPO法人まちづくり協会の第2回まち協・ミニフォーラムに行ってきました!
デジハリ田舎実験室の@sinpost2とともに参加したセミナー。

前衆院議員、霞ヶ関省庁幹部、地域に携わるコンサルタント、
nara-bitoの@sudodon1311さんも偶然ご一緒でした。
19名の方が参加していました!

■斉藤先生について
イング総合計画株式会社(関東学院大学非常勤講師 工学系)
地域再生マネージャー日誌 http://www.zofrex.co.jp/arao/index.html
総務省地域人材ネット http://www.soumu.go.jp/main_content/000027269.pdf 


今日から連続でアップしていきます!

■テーマ:「内発型雇用創造と商店街」
■講師: 斉藤俊幸先生

1.導入

藤本隆宏 東京大学教授 と友人。
藤本先生とは小学校の同級生、いろいろ教えてくれた。

国際競争力
なぜトヨタが強いか?
金融工学

創発とは
瓢箪から駒、怪我の功名、思惑倒れ
「転んでもただでは起きない」ほどのしぶとい組織学習能力が重要

例:美少女図鑑
地元の美容室や衣料店などに無料配布
新潟には東京に引けをとらないデザイナー、ライター、編集者、ショップがある。

地域はリトル東京をつくるべきなのか?
自分達で価値を作ってゆくムーブメントが必要なのではないか?


旭山動物園、農家ブランドの野菜、湯布院

モノを売るのではなく、価値を提供する時代だ。

2. 斉藤先生の取り組み



キルギス、インドネシアなどで農産加工品を指導、製造

ワイナリーとホテルの立ち上げをしている(斉藤)
 鍵はダウンサイジング

■ダウインサイジングとは?
 技術進歩に伴う高密度化・小型化によって、同じ容積・重量で従来と同機能か、
 より高性能な物(工業製品)を作る事。
 または運用コスト削減等を目的として、
 従来品よりも小型の機器を用いて対応することを呼ぶ。(Wikipediaより)

■自給自足体制
半農×(IT、加工)
補助金下さいと言わない構造→地域内資金循環

緑の分権改革とは(斉藤先生の定義)
マイクログリッド
エネルギーの東京集権構造
石窯
地産地消

■製造直売の効用
そこに雇用を生む
生協組織
素材や製品を大手ブランドにして売らない

【つづく】
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
1002位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
266位
アクセスランキングを見る>>