スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年1月30日「人を幸せにする会社」ランチ会 「漢字と名前の由来 言葉の持つ力」

1月30日は「人を幸せにする会社」ランチ会に参加してきました。
天野敦之さんが運営されているコミュニティのイベントの一つで、
7名の方が集まりました。

そこに参加されていた田中典生さんのお話が面白かったです。

文字の成り立ちに改めて興味がわきました。

「みなさん自分のお名前の字の由来、ご存知ですか?」

と言われて、即答できなかったので、調べてみました。

えび 【蝦】
これは海産物のえびです。
詳細は「雑学の友」というサイトで発見しました。

勝手なイメージですが、私の祖父は青森県深浦郡大間越出身なので、
蝦夷に関係あるのでは?と思っています。

な  【名】
1 ある事物を他の事物と区別するために、それに対応するものとして与える、言語による記号。名前。 ①一般に、その事物の呼び方。

漢字の由来は「夕方の暗い時に自分の名前を告げる」とこからきているそうです。
夏木広介の日本語ワールドというブログで見ました。

ゆう【裕】
豊かでゆとりがある。 例:「裕福/富裕・余裕」

いち【一/壱】 
1 数の名。自然数で最初の数。ひとつ。
2 いちばん初め。1番目。「―の鳥居」
3 物事の最初。「―から出直す」
4 最もすぐれていること。最上。最高。「―の子分」「世界―」
[副]いちばん。最も。いっち。

ろう〔ラウ〕【郎】
[名]
1 男子。特に、年若い男子。若者。
2 女性から夫、または情夫をさしていう語。郎君。
3 中国の官名。侍郎・尚書郎などの総称。

[接尾]数を表す語、またはそれに準じる語に付く。
1 一族あるいは一家の中で、男の子の生まれた順序に従い、男子の名前をつくる。「一―」「次―」
2 男女の別なく、子供の生まれた順序を示す語として用いる。

もっともゆたかな男性 となりますね。
これは幸せになるしかない。両親に感謝です。

と言う名前を使って、田中さんは経営のお話にもつなげておられます。
うかがった話を勝手にアップしてしまうのはいけないので、
続きは田中さんからうかがってください。

■田中さんお薦め 字の成り立ちを知りたい方には下記
『常用字解』白川 静 (著)

つづく
スポンサーサイト

テーマ : ソーシャルビジネス
ジャンル : ビジネス

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
768位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
200位
アクセスランキングを見る>>