物々交換と貨幣経済の間

貨幣論に精通している訳ではないので詳しくはないです。
でも昔は物々交換だったことや、万能な価値基準として貨幣が生まれて、
持ち運びに便利になっていって、ITで物理的制約を超えてデータで金融市場が世界に広がって。
規模の経済というメリットで地球を前提にしたらもうほとんど広がれません。

一方で、ある国の危機が世界の危機にもなりやすくなりました。
産業革命後市場をコントロールしようとしていろんな超天才達が市場のコントロールを目指して、
やはりうまくいきませんでした。

という事は、コントロールできないもので資産を未来に残す事は、
かなり難しいんだなと思います。
紙とアルミと銅、亜鉛、ニッケルの固まりになる可能性は十分あります。

その昔は、山や土、川、海、家畜などが資産でした。
今でも家畜などは貴重な資産です。
特に資本主義経済が浸透していないか機能しきっていないところでは。

ということは、やはり交換機能だけをもつものでなく、
交換機能とそのもの自体の機能があるものが貨幣の次に来そうだなと思います。

地域通貨というものも期待されます。多分いつか機能する気がしています。
でも、通貨という名前がイメージを歪めてしまったところはあると思います。

どうしても地域限定クーポン券みたいなイメージがあるからです。
おそらく労働力のポイントや、物がそういった代わりになるほうが現実的ですね。
ふるさと納税なんかは中抜きやうさんくささがあるでしょうが、
あれも立派な地域通貨的役割をしていますよね。=ではないけど。
納税というより地域産品+税負担回避を買っているような人が多いですからね。

今でも田舎はお裾分けやお互い様文化です。
こういう言い方はいやがられるでしょうけど、恩義が見えない貨幣なんでしょうね。
もちろんそんな見返りを求めてやっている人ばかりではないし、
そういうものだからという風習なのでしょうけど。

長い年月をかけて村の規範となったものはロジックが不明な物も多いですが、
数々の経験則からコミュニティを持続可能にするための合理的部分最適解なのだと思います。

これからはお金が足りない時は、物や労働力などで補うような経済が少しずつ発達する気がします。
その中には利便や交換機能という価値以外に、
嬉しい・楽しい・大好きというような感情的価値も入ってくるのでしょう。

それをシステムにすることは難しそうですが、民俗学と統計学と経済学などが融合して、
きっといつか出来てくる気がします。まとまりないですが雑感です。
スポンサーサイト

テーマ : ソーシャルビジネス
ジャンル : ビジネス

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
436位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
117位
アクセスランキングを見る>>