スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森は負債だと思っていました~東京にいて田舎に山を持つ人の想い~

誰もがごみだと思っていたものに価値を与えて、
事業になったのがアミタ株式会社の地上資源事業。

でも自然産業も本当に一緒なんですね。
アミタグループの根本は、価値なきと思われているものに価値を!


6月5日は、天然住宅バンク栗駒木材ツアーでお会いした方と
再びお会いしていました。

その方は、東京で育ったのですが、
両親の出身が三重県津市のとある村です。
そして、祖父母が持っていた山が今荒れており、
その地域が衰退していくことに対して危機感を持っています。

「何からお話ししたら良いのか分かりませんが
現状としては、今は、あの家には誰も住んでいません。

祖父母が亡くなってから、多分20年以上空き家にしていて
外にあったトイレもお風呂もいつの間にか使えなくなってしまいました。」

「修理するにも300万、取り壊すにも300万・・・
 森なんてずっと負債だと思っていました。

この言葉、相当ショッキングでした。。。

「でも田中優さんの話を聞いて、
栗駒木材さんで皮むき間伐をして、自分にも何かできるんではないかと。」

「やっぱり好きな家なので、近い内両親に住んでもらえたらいいなと。
自分もいつかはって思っています。」

・価値があるか無価値か決めるかどうかは、人間だ
・今、普通の人が第1歩目をどう踏み出すかを伝える人が必要だ


ということで、
アミタグループのトビムシ社、森林ノ牧場持続研地域活性化支援室
ソーシャルビジネス推進室事業の説明をしてきました。


■再任したこと

森林の復興策は本当に重要で、
トビムシ社や森林酪農は、非常に社会から期待されているということ。

地域活性化支援室が各地をつなぎ事業化し、
ソーシャルビジネス推進室で資金を集められたら、
本当にいろいろなことができるはず。
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
579位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
171位
アクセスランキングを見る>>