スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会→議→決→動~ 出会いを現実の動きに変えるために ~

私の先輩にいつも暖かく指導してくださる方がいらっしゃいます。
トビムシの古川大輔さんです。

その方が以前、

「会して議する、議して決するものである」

とごく当然なんですが、
あらためて会議というものを教えてくれました。

もちろんビジネスの現場では、

・議題があって、
・議して決したものが「TO DO(やること)」になり、
・TO DOには主担当(誰が)と締め切り(いつまでに)

が明示されます。

でも、普段お会いした方々とも、そういう風にしていけば、
もっと動きが早くなって、かつつながりも強くなるんだという、
しごく当然のことに気づきました。

先日お会いした後に、メールで御礼を送る際に、

「私のTO DO」

を箇条書きでお送りしました。

そしたら、その方も私のTO DOを返してくれました。

■ポイント
・相手のTO DOを書くのではなく、己のTO DOを書く
・相手との会い方によって、納期の厳密度に緩急をつける

相手の方はただ会って楽しかったで良いかもしれません。
だから、私のTO DOだけにするのです。
あまり厳しい納期にするとお互い固くなりすぎるかもしれません。

実際、私のTO DOは、

・○○さんをご紹介する
 →講演の依頼も合わせて行う
・今日のことをブログに書く

でした。

即座に実行して、その方は
次の方と講演の依頼について話すために、
お会いになることが決まりました。

日々いろいろな方とお会いする中で、

会→議→決→動

をきちんと行っていけば、
確実に動きが加速することを体感しています。

約束を守り、行動すれば、返ってくる。
返ってきて返して、キズナは深くなる。

これが私なりの志縁を広げる活動の一つです。

===========================
万一会議で、会議決動がなされていない場合は、

■会議前(インプット)
議題を会議前にきちんと整理して表にする

■会議後(アウトプット)
議事録+
TO DO リスト(やること表)
主担当割り振り、納期

を共有することをお薦めします。
===========================

スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
1003位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
270位
アクセスランキングを見る>>