スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーケティングミクス 5目のP~学生さんから学んだこと~

8月18日は、「ものらぼ」のイベント?で、
学生さんとお話してきました。

イベントの詳細はみなさんからのアンケートが返ってきたら、
書こうと思っています。

学生さんたちとの話の中で、

「今は機能やデザインのCMばかりです。
 僕はもっと商品が生まれた背景が知りたいし、
 ストーリーが大事だと思う!」

という学生さんの言葉から、
何故そうなったかを話すために、
マーケティングの4Pについての話になり、
4つは何だと思うと尋ねました。

product (製品) price(価格) promotion(販売促進) place(流通)

これがいわゆる4Pなのは有名な話。
でも学生さんの答えはすごかった。

plan(計画)、performance(表現)から、
Philadelphia(アメリカ合衆国ペンシルベニア州南東部にある都市名)まで、
なかなか発想自由です。

その中で、

philosophy(哲学)

という答えが出ました。ものすごい答えです。

学生さんはとにかくPのつくものを答えただけのようでしたが、
まさに5つ目のPはphilosophy(哲学)だと思います。

その商品にこめられたストーリーや、職人さんの想い、
それらを包括的に表したphilosophy(哲学)が5つ目のPだと思いました。

もともと、私はPersonやらPersonalと言った、
人間力を表すことばが5つ目のPだと思っていました。

でももっとしっくりくる言葉をいただきました。

product (製品) price(価格) promotion(販売促進) place(流通) philosophy(哲学)

これからのマーケティングの5Pですね。
(もちろん既存の4Pで商品力の差がついていたら、なかなか難しいですが)

■余談
ちなみに何故4Pの話をしたかというと、
求めていないCMができた原因は、

・企業がそれを優先にしたから
 ・→なぜそれを優先にしたかというと、売れた商品を分析した結果がそうだった
   ・→要するに消費者が4Pを優先購買基準として買ったから。

つまり、原因は自分達にある。
(インターネットができるまでは、マスメディアがそう扇動したという要因もあるかもしれませんが)

だから、機能やデザインばかりのCMや商品競争が嫌なら、
私達自身が、商品が生まれた背景やストーリーを知り、
それに対して意思ある購買をしないと
という話をしたかったのです。

何事も当事者意識。
難しいですができることから動かないと、何も変わらない。
いつも自戒をこめて自分に言い聞かせます。
スポンサーサイト

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
937位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
252位
アクセスランキングを見る>>