スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き抜き実行するためには臆病であれ

9月2日~5日は、出張で関西にいっていました。
その際、HONDAハローウッズ森のプロデューサーの崎野隆一郎さんと、
ご一緒させていただきました。

かなり豪快な方で、逸話も多々お持ちの方でしたが、
ご一緒させていただくと、深く暖かいお考えな方なんだなということを感じました。

森作りでもなんでも大切なのは「人づくり」。
定年後のおじさんがボランティアで森に関わっているだけでは、
若い世代に引き継がれていかない。
多様な世代が森作りに関わってこそ、初めて意味がある。

昔うまく言っていた公園も、
ある管理職がいなくなっただけでだめになった。

人を育てるには10年かかるんだ。
キャンプはいいよ、背中が見える。
人を育てるには、喜怒哀楽すべて見せないとだめ。
それをしないと人は育たない。

だから親子でキャンプなんだよ。」

崎野さんのキャンプにそんな哲学があったとは、
思いもしませんでした。
そして、人にかける経営姿勢も伝わりました。

法政大学の坂本先生の、
「苦しみも喜びも共にする経営」と同じ原則でした。

「あとはガキドモをファンにするか!
今の子供は誉めないとだめだね。」

豪快なガキ大将に見えて、
その実、とても細かい配慮をなさる優しい方だと思いました。

「俺はよう、こう見えても臆病なんだ。
 でもな、生き物臆病でなければ生き残れない。
 鈍感な奴は危険を察知できずに死ぬんだ。」

・実行のための臆病さは必要である
 準備は、繊細かつ綿密に

「今の日本は、親と学校に教育を頼りすぎている。
 子供は地域が育てるもんだ!」崎野さん
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
250位
アクセスランキングを見る>>