スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一島一集落の島_神津島漁業研修へ!~島の呼び名屋号~

最近ホットな神津島ですが、
神津島は神が集う島の神集島から神津島になった、
なんともおしゃれな名前の島です。
18日、つまり今日から21日まで研修で行ってまいります。

その前に島の慣習をひとつ。
初めて島に行く前に、行ってからの計画をたてていました。

私「Sさん、島でどなたにお会いしたいですか?」

と上司に質問したら、

Sさん「●●丸さん」

と船の名前が返ってきました・・・???
その時さっぱり意味がわからなかったのですが、
理由がありました。

1島1集落だったので、当然島の苗字は同じ人が多いです。
違うのはお婿さんが本土から来た場合だとか。

よって、地域の人は皆名前でなく屋号で呼び合います。
(下の名前で呼ぶことも多いです)

屋号とは?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%8B%E5%8F%B7

そして神津の漁師さんたちの屋号は、
船の名前が多かったりします。

そして島には電話番号と名前、屋号が一覧になっている表があります。
個人情報保護の時代に、島全体の電話番号が載っているとは。
さすが1島1集落。中の結束は固いです。
だからこそ、よそ者が入るのも難しいのですが。

私の母方の祖父の屋号は「わた屋」だそうです。
鳥取県八頭郡智頭町の商家だったそうな。

ではでは行って来ます。
海が凪いでいることを祈っていてください。
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
1096位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
289位
アクセスランキングを見る>>