スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月28日フェアトレードでなくエシカルジュエリーとして! @HASUNA_Natsuko さん6 #faretrade #csr

10月28日はセミナーにて、HASUNAの白木夏子さんの講演を聞いてきました!
今日は第6回目、最終回です。

8. 質疑応答

■質問1 Yさん
以前白木さんの掲載雑誌で単月黒字化はまだできていないようですが、
将来を見据えてどのようなことをしたいかをうかがいたい?

■回答1
事業性の安定化について、1年目は暗中模索で目の前のことをこなすしかできなかったし、
先行投資が続いて赤字が続いた(白木)

2年目に赤字月が減ってきた(白木)

原因は、赤字続きの原因を振り返ったときに私の時間の使い方が問題だった(白木)
収益化できないところに時間を使いすぎた(白木)

まずは安定的収益化できるところから優先した(白木)
ブライダルジュエリー 年間70万人が結婚(白木)
うちの顧客の80%がブライダルジュエリーだった(白木)

ジュエリーは普通富裕層が買う嗜好品だが、ブライダルジュエリーだけは違う。
一生に一度の買い物だし、安定需要がある(白木)
ニーズが高いところから対応していった(白木)

■仮説
環境配慮、フェアトレードのジュエリーが欲しい人がきっといるはずだ!(白木)
自分がジュエリーを欲しいのに、鉱山の子どもが浮かんで買えないもどかしさ(白木)

社会的課題を解決する商品群の中でも、
安定化しそうでニーズの高いビジネスから着手することが重要なことだと考えている(白木)

まずは自社がメイン事業で安定収益を稼いでから、少しずつ社会的なビジネスに踏み込んで行きたい(白木)

■質問2
自分達の会社でどういう指標を作って社会課題解決をしたいか?(Yさん)

■回答2
ローカル→グローバルまでの指標がある中で、1社だけではクリアできない問題なので、
他の会社と連携するか、志を共にする仲間と一緒にやっていくことだと思っている(白木)

ただ、自社内の指標としてはローカルから着手したい(白木)
特に児童労働の問題から着手したい(白木)

多々ある児童問題の中で見過ごされているところがあって、そこに着手したい(白木)
今は途上国アーティストに仕事をつくり、その子どもが働かなくてもいいようにしている(白木)

生活が安定して、子どもが働かなくていいというラインを目指したい(白木)

■質問3 大学生 Mさん
途上国の方々からの反響をお教えいただけませんか?

■回答3
例:最初の取引先ベリーズのベンさん
ビジネスオーナーが搾取しているということを聞いた(白木)

うちが払ったお金は工房のオーナーが搾取している現状(白木)
現地の元青年海外協力隊の女性経由でベンさんに大量に発注して、
ベンさんが機械を買ってオーナーになれるように体制を変えた(白木)

例:他の職人さん
日本の女性が自分の作品をつけてくれているということが本当に自信になると言ってくれた(白木)
頑固な職人さんの笑顔の写真が届いてうれしかった(白木)

■質問4 Mさん 映画のプロデューサー
自分のできることで、社会的課題の解決ができないのかという想いが出てきた。
白木さんには ものづくり+社会的課題解決 両方の想いが両立している。
なぜエシカルジュエリーを選ばれたか?

■回答4
一度起業すると決めたら、一生やり続けられることがいいと思っていて、それは私が心から好きなことだった。
だからジュエリー、デザイン、だった。(白木)

社会的課題を解決するという点だけでは、自分の心が折れるかもしれないと思った(白木)
私として何ができるか?一番私らしいことは何かと考えたのでジュエリーだったのです(白木)

■質問5 Mさん 映画のプロデューサー
もし他のビジネスモデルを選んでいたらどうなっていたか?

■回答5
本当に好きなことでなければ、私は継続が難しかったと思う(白木)
ずっと援助を探ってきて、NGO,NPOなどいろんなやり方があるけど、
自分にしかできないことは自分が本当に「わくわく」することだった(白木)

他を選んでいたらふらふらとさまよっていたと思います(白木)
やるなら本当に好きなことでやったほうがいいと思います(白木)

■質問6 Iさん
社会人6年目で会社が傾いていて悩んでいるが、
安定的収入を捨ててアクションを起こすには大きな壁があると思っている。決断の決め手はなんですか?

■回答6
私も働いている時、いつ会社を辞めようかと思っていたが、
安定給与がなくなるのは怖かったが、いいタイミングで会社が希望退職100名を募集し始めた(白木)

当時200名の会社が半分リストラするということは会社が駄目だと感じた(白木)
どこの業界にいても不安定だし、
金銭以上に心の安定(私は本当に私なのか?という自問自答に答えたい)が欲しかった(白木)

やりたいことを突き詰めることに心の安定があるから、
借金しても500万円~1000万円くらいの借金なら返してやると思った(白木)

今やらないと一生できないと思った(白木)
私自身女性だし、結婚したいし子どもも欲しい、リミットがある(白木)
今やろう、2~3年はとにかく必死にやろうと思って27歳で退職して起業した(白木)
いつ死ぬかわからないし、死ぬときにやっとけばよかったと思いたくなかった(白木)
失敗したけど「いい経験」だったなぁと思って死にたかったから(白木)


■質問7 大学生 Iさん
途上国で正常に職人さんが守られているかという現状を教えてください

■回答7
重要なポイントで、日本にいることが多くなかなかチェックできない(白木)
現地パートナーがいる(元青年海外協力隊)(白木)
彼らは現地の生活水準や必要経費を知っているし、職人さんのことを知っている(白木)

■質問8 
途上国への輸出は考えていますか?

■回答8
チャンスがあって社会的意義があるならやりたい。実際ベリーズから依頼も来ている(白木)
デザインは非常に難しい。売れる商品を作るのは本当に難しい。
今売れているジュエリーのプロトタイプを現地においていくことは現地を活性化させる。
よってデザインの輸出をすることも意義があるのでやっていきたい。(白木)

■質問9 Nさん(ITベンチャー)
プロボノ活動30名集めたとおっしゃったが、どのようにして集められたのか?

■回答9
プロボノの仲介団体は使っていなくて、
全員友達の友達や記事を見て共感した方が一人ひとり集まってきた(白木)

30名いても時間や能力(分野)に応じてやってもらえることが決まるので、
フル稼働しているプロボノは10名(白木)

経由は直接問い合わせ、PR等媒体を見て(白木)
足りないものは借り物競争をする(白木)

自分のできないことを手伝ってもらったり、
教えてもらったりすることを積極的にするので結果として30名の協力者ができた(白木)

ツイッターでつぶやいたら、リプライで挙手されて、面談やMTGに来てもらう(白木)
ツイッターは非常に有効活用できると思います(白木)

9.ミュージックセキュリティーズ 小松氏挨拶

エシカルだから買ってくれ!と言っていないことに共感した
MSがなぜソーシャル?と思った人もいたと思うが、
そういうところからソーシャルビジネスの再定義をしていきたいと思っている

弊社もミュージシャンの資金調達から入ったが、
職人もアーティストと考え、そういう方々のファイナンスを手伝っていきたい

援助ではないというのがソーシャルビジネスのコアだと思う
援助ではなく個人から資金調達ができるという仕組みにしていきたい

その中からみなさんの関心が広まっていくことで新しい形が生まれていけばいいなと思う
それを大和証券さんとやっていけたらと思う

【おしまい】
スポンサーサイト

テーマ : ソーシャルビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
250位
アクセスランキングを見る>>