スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月19日「ファッションとは哲学そのものである Mother House入谷店長 大越善彦さん1」

11月19日は地元三鷹のSOHOフェスタに参加してきました!
今日からはそこでのセミナーについて掲載していきます。

フェスタ三鷹SOHO②

次はMother House入谷店長 大越善彦さんのお話。
2回に分けてお伝えします。

1. 会社説明

 ■事業説明
 ・バングラディッシュとのフェアトレード
バングラディッシュ国民の多くが1日1ドル以下で生活している
 (フェアトレードで彼らが自活できる生活を作る)
 ・工場はダッカにある

 ■ポイント→製版一体化
 ・ユニクロと同じSPA【注釈】 製版の一体化
 
 →現地でも待遇の良いビジネスモデルの設計

 ■ミッション
 ・ファッションとは哲学そのものである

 ■プロジェクト例
 ・スクールバッグ提供事業
 ・お買い上げ金額、税込み2,000円ごとに1ポイント計上
 ・25ポイントで1,500円分の割引としてご利用いただける
 ・また、1,000円分が社会貢献事業に使われる

 ■新規拡大事業
 ・ネパールでも絹の生産

 ■代表 山口絵理子さん デザインと経営 商品開発 現地交渉 3ヶ月に一度商品サンプルを持って帰国
 副代表  山崎大祐さん 海外展開とBtoBと経営


2. 大越善彦様 自己紹介


 ■店長になって4ヶ月

 ■接客
 ・マザーハウスをまず好きになってほしい
 ・お茶を出したり、ケーキを焼いておもてなししたりしている

 ■講演の経緯
 ・講演は基本的に代表の山口か副代表山崎がやる
 ・それなのに今回呼んでもらったのは入谷の接客を見込まれたから

 ■経歴
 ・大学は東京→卒業後大手衣料メーカーに入社

 ■疑問
 ・大量生産大量販売の現場
 ・背景の見えない商品に疑問を感じた

 ・大学時代バックパッカーをしていた
 ・途上国は貧しいのに夢も希望もあり、笑顔がある
 ・なぜ日本はこんなに物質的に豊かなのに、幸せでないのか・・・

 ■転職
 ・衣服のバイヤーをしていたが転職を決意
 ・旅をした中で一番いいと思っていたネパールに対して何かしたい
 ・マザーハウスと出会って入社
 ・ゆくゆくはネパールのために何かしたい

 ■想い
 ・ファストブランド(恐らくファストファッションの意味)が盛んでものがあふれている日本
 ・マザーハウスは商品に付加価値をつけたいと思っている

 ・バングラディッシュ 牛を食べる
 ・牛革が優れた資源の一つだった→日本向けの製品を出荷している

 ■心がけているお店作り
 ・お店も手作り
  →内装などかなり手作りにこだわった
 ・暖かい雰囲気

■雑感
 ・生産者と消費者が専門特化して分かれてしまい、
  消費者と生産者が互いのことを考えない、あるいはわからない状況に、
  疑問を感じる人が増えたんだなと思う。

  そして、それに対して解(アプローチ)を見つけた人が、
  少しずつ増えてきている。
  とはいえ、まだ市場の中ではわずかな規模。
  私も早く大きなインパクトを生み出せるようにならなければ。

ファストファッション
アパレルメーカーが、ファーストフードのように低価格で、かつ流行を素早く取り入れた商品を提供すること。また、そのブランドや業態のこと。「ファースト」には、安価で手軽、速いサイクルで商品を提供する、短期間で売り切るなどの意味が含まれる。

<続く>

■SPA
Speciality store retailer of Private label Apparelの頭文字を組み合わせた造語
製造から小売までを統合した最も垂直統合度の高い販売業態の意味
スポンサーサイト

テーマ : ソーシャルビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
250位
アクセスランキングを見る>>