スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月29日 奈良県御杖村を歩く~奈良県で鹿食べてもいいの? ~

1月20日の記事の続きです。

ふくさんと別れた後は12時頃になったので、
御杖村の道の駅を視察することになりました。

杖揚げ御前 1300円
地元産野菜や鹿肉フライが入った定食です。
道の駅_杖天ぷら_メニュー

これは御杖村の伝説、杖から来たものです。
しかもセルフで揚げ物を楽しめます!

1突き出しの野菜スティック
道の駅_野菜スティック

天ぷらの具材
杖揚げ御前 具材1杖揚げ御前 具材2杖揚げ御前 具材3

これらを自ら揚げて食べます。
当然あつあつの揚げたて。楽しかったですよ!

■奈良県で鹿を食べてもいいの?
奈良公園の鹿はだめです(笑)
文化財保護法違反で逮捕されますので。

でも全国の中産間地域同様御杖村も鹿の被害が深刻です。
御杖村も鳥獣害の被害対策をしています。

■なぜ鹿が増えたのか?
地域によって厳密に理由は違いますが、
温暖化の影響もあるといわれています。

鹿は深い雪の中の新芽を食べることはできず、
越冬できない鹿が死に、自然と個体数の調整ができていました。

それが冬に雪が少なくなり、鹿が冬場も越冬し、
しかも新芽を食べるので山の緑を減らすという現象を起こしています。
同時に個体数増加と餌の現象で、
山村の農作物に被害を及ぼす結果となっています。

鳥獣害でお困りの方へ
アミタ持続可能経済研究所では、鹿肉の流通支援でも実績があります。
Webよりご相談ください。

鹿肉の流通が進まない理由
1 食べる文化が浸透していない
2 くさみが強くておいしくない
3 部位単位で流通していない

2は加工や血抜き次第で解決します。
3が一番難しいですね。
豚、牛、鳥って、部位で流通していますよね。
でも豚、牛、鳥の肉を1頭丸々解体できる人はいませんよね(笑)

今は1頭丸々解体できる料理人さんでないと
なかなか食材として扱えません。
まずは、鹿肉おいしい!ということを、
みなさんに知っていただければ幸いです。

ちなみに屋久島では鹿を解体し、
捌いて出せる農家民宿「山ノ瀬」があります。

つづく
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
250位
アクセスランキングを見る>>