スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2月13日 現代の長屋=コーポラティブハウス?2」

前回の記事の続きです。

さてこの藤野プロジェクトの仕掛け人、
建築士の山田さんがプロジェクトについてお話してくださいました。
講演


■背景
コーポラティブハウスを作る提案をしていたが、
2世帯では喧嘩したときどうにもならないということで、
もっと多くの世帯を集めようということになった。

3世帯になって、あと1世帯というところで、
他の3世帯の方から視線が集まった。。。
「薦めるなら自分でも住んでみたら」と。

■予定
2008年 1月 土地購入 3月プロジェクト始動 10月入居者4世帯決定
2009年 6月 設計図感性 10月地鎮祭 基礎工事
2010年 2月 上棟式
2011年 2月 完成

外観


■キーワード
健康健全、コミュニティパーマカルチャーセルフビルド

ちなみにパーマカルチャーとは、
「人間にとっての恒久的持続可能な環境をつくり出すためのデザイン体系のことである。
パーマカルチャーという語そのものは、パーマネント(permanent 永久の)と
アグリカルチャー(agriculture 農業)をつづめたものであるが、
同時にパーマネントとカルチャー(文化)の縮約形でもある。」
by Bill Morrison)

セルフビルドにこだわった点
現在の教育と住宅販売は、
住居ができる過程を教えない、伝えない。
家の構造や建築過程が不明。

だから0から創る過程を共にし、
かつ公開していくことで、「住育」をしたいと考えたから。

エコビレッジとしなかった理由
エコビレッジだと、環境に強い関心のない人が入れない。
もっと広い意味で共感する人を集めたかった。→長屋

つづく
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
250位
アクセスランキングを見る>>