スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持続可能住宅とエコラベルで日本の森が守られる?

先日見てきました、現代版長屋とは少し違いますが、
天然住宅×エコラベル=住宅認証という動きがあります。

長屋


その対話会のようなものがございます。
ご興味ある方はぜひお申し込みの上、
ご参加下さい!

************************************************************************************
◎3/12(土) 「森林」「長寿命住宅」「健康」「CO2削減」をつなぐ認証制度。
ミニラウンドテーブル
************************************************************************************

天然住宅も参加する共同研究
(独)科学技術振興機構社会技術研究センター研究開発領域
『地域に根ざした脱温暖化・環境共生社会』研究プロジェクト
の研究報告として、相根、田中はじめ、発表させていただきます。

●テーマ; 将来の住宅価値を認証制度でつくりあげる
-「200年住宅」「健康住宅」「CO2排出が少ない住宅」
「森林を守る住宅」を実現する認証制度-

●企画趣旨
これからの日本の住宅は、100年以上の長寿命性を持ち、
住む人に健康的で、CO2排出量が少なく、
森林を守ることが同時に要求されていくと、私たちは考えています。

そのため、当プロジェクトでは、
住宅に関わるこれら様々な項目を客観的な尺度で表示できる、
新たな認証制度の作成を進めています。

この認証制度は、中古住宅市場を含む将来の住宅価値を作りだし、
経済的誘因によって現状を変えていく原動力になることを目指しています。

認証制度の成立には、認証機関、認定機関、認証基準、品質マネジメント基準と、
認証に伴う経済的メリット、さらに国際動向の先取り等について論議を重ねる必要があります。

今回のミニラウンドテーブルでは、未来の住宅環境の基礎となる
新しい認証制度の可能性について、多様な分野の皆さまとともに議論します。

幅広いお立場の皆さまの参加をお待ちいたしております。

■日時:2011年3月12日(土) 12:30受付 13:30--17:00

■会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス 56号館104教室
新宿区大久保3-4-1
http://www.waseda.jp/jp/campus/okubo.html

■プログラム(予定)
13:30--14:00 挨拶・趣旨説明・トークセッション 
14:00--14:20 (問題提起)中古住宅金融
- 休憩 -
14:30--15:10  天然住宅認証案について
1)現行の法規制・住宅と森林に関わる認証制度の課題
2)認証制度の国内外動向
3)天然住宅認証の説明
- 休憩 -
15:20--16:45 意見交換(会場参加者交え)
16:45--17:00 まとめ
終了 

■司会・話題提供者・機関:
田中優(PJ代表)、 中條加月沙(天然住宅)
前田拓生(NPO法人まちぽっと)、 高口洋人(早稲田大学)
岩泉好和(NPO法人Axis)、 相根昭典(天然住宅)
山野下仁文(株式会社アミタ環境認証研究所)
スルガ銀行、西武信用金庫、栗駒木材株式会社、他(順不同)

■主催:一般社団法人天然住宅 早稲田大学 NPO法人まちぽっと

◆お申込み・お問合わせ:NPO法人まちぽっと
morimachi8@gmail.com
03-5941-7948
(担当、奥田)

◆定員 40名 無料(事前申込制、先着順)
************************************************************************************
スポンサーサイト

テーマ : ソーシャルビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
768位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
200位
アクセスランキングを見る>>