スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性にとっての地方でのビジネス

本日3月24日発売「地域ビジネス起業の教科書」の件で、
出版社の方が来社された。
うれしいことに本の内容が社内的にも「売れそうだ」という判断になり、
新聞広告を一つ増やしてもらえた。
日経新聞と毎日新聞に載るらしい。
それだけでも持続研の広報効果はかなり見込める。

しかし、何故「売れそう」と判断したのか、
気になったので聞いてみた。

・実例があってわかりやすい
・地方で仕事をしたいと思っている潜在層に受ける可能性がある
・社内の女性にも好評だった

最初の2つは想定内だったが、3番目の理由が意外だった。
理由を考えてみた。

地方でビジネスとまで行かなくても、地方に移り住みたい女性は多い。
しかし、何故行動に踏み切れないか?
以下あくまで私見。

・女性の中にまだまだ起業家が少ない
→起業でなくとも、都会で身につけたスキルが活かせる
・結婚している場合、夫の仕事との兼ね合いがあり、なかなか移住などできない
→都会にいても地方に貢献できることが紹介されている

そういった要因があったのかと。

ちなみに書籍の損益分岐点を計算してみたら、
18万部だった。。。
書籍の印税の損益分岐点は大体そのくらいだそうだ。
では売れる可能性がそこまでない本の作家はどうしているのか?

・売れる売れないに関わらず、印税を放棄する代わりに執筆料をもらう

書籍にもいろいろと形態があることを知った。
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
730位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
198位
アクセスランキングを見る>>