スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気ままに奈良南部めぐり14 十津川村 台風の爪痕

谷瀬の吊り橋であれやこれやに思いを馳せつつ、現地を案内してくれたH君とここでお別れしました。
H君のおかげで本当に有意義な十津川村体験となりました。

H君の家は村の中心からやや南、谷瀬は北端。車で30〜45分です。
奈良盆地の北から南まで行けます。
奈良市から橿原市や明日香くらいまで案内してくれたと思えばいいかと。
ちなみに瀞ホテル(南端)から谷瀬の吊り橋だと1時間半くらいかかります。

今も残る被害跡と続く治水工事

実はこの吊り橋の途中にH君が台風被害の跡地をところどころ案内してくれました。
十津川村も被害場所が多かったですが、和歌山や大規模な土砂災害が発生した
五條市大塔町のほうが被害が大きかったようです。
水害発生前後で見る世帯の状況の変化

150524_十津川村 _台風被害跡地 (1)150524_十津川村 _台風被害跡地 (2)150524_十津川村_台風被害跡 (1)
150524_十津川村_台風被害跡 (3)150524_十津川村_台風被害跡 (4)150524_十津川村_台風被害跡 (5)

以下の写真の効果が私にはすぐわからなかったのですが、
水が一気に流れ落ちてくると勢いがどんどん増していくので、それを緩やかにするものだそうです。
150524_十津川村_台風被害跡 (2)

ちなみにそれより前の台風被害跡の様子は
こちらです。

この後は一同帰路につきましたが、道路、橋と治水工事がずっと続いていました。
十津川村は約半数が土木・建設業。(残りは観光・宿泊、飲食と続きます。)
まさに公共事業が支えている村とも言えます。田舎にはそういう村がたくさんあります。
上北山村もその1つです。私が関わっていたとある島も冬は公共工事に従事する人がたくさんいました。

ようやく旅も終わります。長々書きましたが1泊2日です。
でも濃かったなぁ。楽しかったなぁ。時間が許せば後1、2回番外編を書くかもしれません。

次回もまた気ままにどこかを企画するつもりです。
案内してください〜って声かけるかもしれませんが、そのときは暖かい目で見てやってください。
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
250位
アクセスランキングを見る>>