スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五城目での再会

秋田縦貫鉄道の旅を終えて、八郎潟駅へ。そこには東京にいた時以来5年ぶりとなる再会の秋元君が。当時東京にて田舎実験室という任意団体で一緒に活動していました。その後、離島へ旅だった秋元君。偶然にも今年から秋田に戻ってきていたので、会うことができました。私はてっきり実家に戻ったと思っていましたが、そうではなく仕事の関係で五城目にいるとのこと。もともと秋元君は出会った当時「We Love AKITA」のWebに関わっていて、その存在を知らなかった私は衝撃でした。奈良でもやりたいなぁと。当時は四国と秋田あたりが先駆けだったように思います。今考えるとこの流れはTEDxや移住計画などの広がりの兆しだったようにも思えますね。

八郎潟駅3八郎潟駅八郎潟駅2

おこめつ部〜農耕型スタートアッププロジェクト〜
現在秋元君が手がけているプロジェクトはおこめつ部〜農耕型スタートアッププロジェクト〜です。私がかつて担当させていただき、地域で起業というモデルを一般解にすることは難しく、起業との間を埋める地方転職のようなものが必要と思った課題認識と非常に共通しているなあと勝手に共感していました。

詳細Webページ:おこめつ部〜農耕型スタートアッププロジェクト〜

■秋元君と松橋君
前回ご紹介した大潟村松橋ファーム3代目の松橋拓郎君と秋元君は高校の同級生。とっても仲がいいなあと思ったらそういうことでした。アラサーになってそういう長く深いつながりがあって、共に一度上京した二人が地元で少し違うフィールドででも大きな方向性で共通して進んで行くっていうのはとってもいいなぁと。ここにトラ男やシェアビレッジの武田君も加わって、秋田、これからきっと面白いだろうなと思いました。

■地元の大学生が地元で就活できるような環境
秋元君とは過疎地の前にその中間地に仕事をという点ですごく意見が一致しました。あとは大学の存在とその進路。選択肢として地元就職の増加などが必要だと。実は昔私も奈良での仕事を探しました。探し方があまり分からなかったですが、リクナビやらマイナビだと、レンタカー屋さんや自動車販売とかばかりヒットしてうまく探せなかった記憶があります。仕事の領域や規模などで調べて、結局ほとんど東京・大阪の会社を受けることになりました。でも別に都会に出たかった訳ではなく、叶うなら関西、できたら奈良という気持ちはありました。場所にこだわって役所や地銀を受けることは考えませんでしたが。

でも当時より地元志向が強くなっているように感じる今、学生が地元という選択肢を持って、さらに関心ある仕事や企業をうまく探せたら、なんとなく地元を出なかった人だけではなく、意志を持って地元に残るあるいは戻る若者が増えて、地域にも良い刺激が生まれてくるのだろうなと、秋元君と松橋君を見ながら思っていました。

■なべ駒とミカ
ちなみに予約してくれたお店「なべ駒」は美味しい地酒+地元料理があるお店で、なんと秋元君のおとうさんの書籍が置いてありました。
秋元父書籍

あと、松橋君が勧めてくれた2件目のJAZZ 喫茶「ミカ」も面白かったです。カレーを食べて見たかったのですが、その日は終わってました。あともう1つのオススメは「ミカスペシャル」とお願いするとマスターがオリジナルで飲み物を作ってくださいます。

IMG_3277.jpg秋元君と松橋君

忙しい中、夜遅くまで楽しい時間をくれた二人に本当に感謝です。ありがとう!そして泊めてくれて助かりました。
ぜひ関西にも来てくださいね。翌日は男鹿、秋田を少しだけ回って、リゾートしらかみで祖父の出生地「大間越」を通る旅です。
スポンサーサイト

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
1003位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
270位
アクセスランキングを見る>>