スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一ノ関まで乗り鉄_下北・八戸・盛岡・一ノ関_160924

しかし、記録簿みたいでレイアウトとかムチャクチャですね・・・失礼。レンタカーを返却して下北駅へ。
下北から今度は八戸へ向かいそこから盛岡を通り一ノ関まで。午後はほとんど移動でした。

■大湊線
本数少ないですし、車両も1両か2両。だからなのか結構満席です。
IMG_3516.jpgIMG_3517.jpg

■八戸駅
ついたら伊調馨選手の四連覇に沸いていました。確かパレードの日だったはず。後で知ったんですけどね。改札前の顔をはめたら伊調馨選手になれる!というのがつぼでした。何で地方ではいつも顔はめパネル作っちゃうんでしょうね。駅の東側がメインストリートで、真ん中の写真は西側を撮影したもの。何もないですね。駅の売店に缶詰の盛岡冷麺が売っていて買って見ました。夜食べたけど、麺がこんにゅくで結構おいしかったです。
IMG_3518.jpgIMG_3519.jpgIMG_3520.jpg

現地で理解しましたが中心地は本八戸なんですね。市役所あるところ。なので駅は本当に新幹線と路線の分岐点としての役割だけという印象でした。駅中に企業展示ブースがあり、お名前をよく聞く会社のブースもあり写真を撮りました。びっくりするぐらいブレてますが・・・仕事やったらアカンやつですね。
IMG_3521.jpgIMG_3522.jpg
IMG_3523.jpgIMG_3524.jpg

■引き続き青い森鉄道
盛岡に向かいます。途中で運営会社がIGRいわて銀河鉄道に変わります。この辺りの路線の名前は国内旅行業務取扱管理者試験に出てきていました。扱いがややこしかった記憶があります。この辺りは一戸から九戸(くのへ)まで順に地名があるんですね。で四戸だけない。正確な理由はわからないみたいですけど。
IMG_3525.jpgIMG_3527.jpgIMG_3528.jpg

金田一温泉という面白い名前の温泉がありました。推理ものでPRでもしているかなと思ったら、座敷わらしの里とのこと。なんか少し幸せになれそうな感じですね。ず〜っとガラガラでしたが盛岡の3つほど手前の駅から混み始めました。車出なくて電車圏内がそのあたりからなんだなと。
IMG_3531.jpgIMG_3532.jpg

盛岡からは時間の都合上新幹線を使って一ノ関まで行きました。ちなみに数駅だったから自由席で乗ったのですが、全席指定のはやぶさに乗ってしまいました・・・え、座れない・・・と思ったら、一ノ関までなら空いている席に座っていいみたいでした。早く言ってよね・・・通路に立っていたら変な顔されたのも納得です。

ちなみにもっと早く決めていたら、くりこま高原とかで人と会えたなぁと反省。なんせ新潟に行く時点ではどこまで回るか決めてなかったですからね。。。一ノ関駅前でご飯を食べて、終バスで宿へ。厳美渓が売りの昔ながらの観光ホテルでした。とんちゃん、おいしかったです。
IMG_3533.jpgIMG_3534.jpg

バスにのっていたら、「さんま整骨院」という看板が見えました。何だろ?と思って近くでもう一度見たら漢字の看板もあってガッテンしました。残間整骨院でした。


スポンサーサイト

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
939位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
239位
アクセスランキングを見る>>