スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑DE婚活 農業×婚活

4月2日には、持続研新人の歓迎会とともに、
私の送別会までしていただきました。
(といっても今後も同じグループなのでよろしくお願いいたします。)

本当にありがたかったです。
しかも、それだけでなくみなさんからプレゼントが!

それは、事業でもお世話になっているマイファームさんがやられているイベント、

「畑DE婚活」

しかも4月3日朝9:30東部動物公園からバス10分+徒歩10分の、
「アグリパークゆめすぎと」と言う体験農園にて行われるものでした。
http://www.pikaru.co.jp/

(fujitaさんがマイファームの社長西辻さんに
前日無理やり頼み込んで予約してもらったようで、
当日も司会者から「西辻さんのお知り合いですよね」
といわれ、少し恥ずかしかった)

ということで、7:30に三鷹を出て、
遠路はるばる行きました。

遠いと思いましたが、東武動物公園の手前から
ようやく家がまばらで農地が出てきました。
首都圏がどこまでなのかを少し実感。

当日メンバーは、男性5名、女性6名です。
主にtwo ringsというイベント会社のHPを見て来たとか。
1名農協観光さんHP経由がいました。
私が飛び入りでこの人数、やはり男性の申し込みが少ないことがわかります。
仲良くなりついでに男女問わずいろいろな人にヒアリングしてみました。

「どこからこられたんですか?」
「今日は長野から来ました!」

気合の入り方が違いますね・・・
少し圧倒されます。
あ・・本気で婚活しにきている人たちの集まりだったと(汗)

「なんで畑DEコン活にしたんですか?」
「面白そうだったから。」
「家の近くだったから。」
「珍しかったから。」

意外に農業に興味ない人が多かった・・・

司会者が分刻みでスケジュールをまわし、
指導者が農業に少しでも興味を持ってもらうために、
説明する。なかなかいい役割分担です。

「いちごは食べる分だけしか触らないでください。
 手は一番雑菌を持っています。一日はいた靴下より汚いとも言われ、
 雑菌という意味では駅のトイレより汚いとも言われています。
 手で触ると次の日にはそこからカビでくるのです」

一同唖然。スーパーに並んでいるものがいかに防腐剤まみれか、
あるいは鮮度管理が徹底されているか、そんなこと考えてくれたらいいですね。
なるほど婚活という市場から
体験農園に持ってくるにはとってもいい仕組み。

あと、一緒に作業していると男女ともに性格でますね。
おもしろい。確かに婚活に適しているかもしれません。

①作業専念型
→うまく、早く、やることに集中or作業でいいとこみせたい
②分担仕切り派
→いつの間にか他のペアとも分担して仕切っちゃう

③作業そっちのけ派
→主に女性に多かったです しんどいからやってください的な・・・

あとは①と③の間。

作業→昼食→面談(5分×6回)という流れで
あっと言う間に4時間終わりました。
実質作業は2時間ほど。もう少し私は農作業を本格的にしてみたかったですが。
それは縁農のプロジェクトにでも行ってやります。

面談の時にプロフ使いました。
年収とかペット飼いたいかとか、車持ってるかとか、酒、タバコやるかとか、
長男か次男かとか、結婚は今すぐしたい、1年以内、3年以内とか
書いてあって、なるほどなと・・・

お互い書いたプロフを見せ合って5分話します。
以下いただいたコメント抜粋。

Aさん「あなたみたいな人が部下にいますわ」
Bさん「29歳ですか・・・10歳も違いますね・・・」
Cさん「おじいちゃんとおばあちゃんからもてるでしょ?」
Dさん「あたし車もっている人がいいなぁ」

どちらかというと年下がよい私も特に抵抗はしませんでしたが、
年齢の時点でも結構対象外なんだなと空気で感じました。

後は意中の人がいれば、連絡先を書いた紙をその人の名前を書いて、
司会者に渡します。(書かないもありです。)

解散後、配られたの中身を見ると・・・

Two ringsのチラシのみが入っていました。
連絡先は入っていませんでした(笑)
(つまりは成約しなかった)

とはいえ、学びの多い体験でした。
やっぱり行ってみないとわかりませんね。

==================================
■学んだこと
==================================
・スケジュールは下記の通り、4時間一人7000円。
 http://konkatsu.tv/view_release.php?release_id=19

・仕入れ
 司会者と農園指導者の人件費、昼食費1人400円程度。
 おそらくPR費をイベント会社が持っているので、
 地域としては体験農園11名分が利益になるはずですが、
 イベント収支はほぼ+-0だと思います。

・男性は1名25歳、30代2名、40代1名でした。
 女性は、30代が6名・・・全員年上です。
 もう少し市場が広がれば、年齢をセグメントするとより成約率があがるはず。
 やはり集客が課題。

・農園提供側は、いかにクロスセルをおこなうか
(道の駅で買ってもらう、ブランドネームを覚えてもらう、
 通販等継続購入の仕組み確立、学校、保育園へのPR)

・農業×婚活 婚活市場から農業体験へ広げるにはとてもいいと思う

・出会いの少ないといわれる、教師、介護士が多かった
・7000円払ってくるという条件からか、全員男女仕事していた
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
250位
アクセスランキングを見る>>