スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小笠原一航海_名物出港時のお見送り_161030 31

朝食を食べて、最後に歩いて東町西町をぐるっと一周してました。小笠原の街の中心には山があって、そこにはお宮さんがあり、お祭りの用意がなされていました。ここは津波が来ても山に登ればなんとかなるのかもなぁと思いました。昼間から缶ビール片手に散歩してました。疲れて浜辺で寝てたり。思えば最終日の午前中が一番のんびりしてましたね。なんせ暖かい。もうすぐ11月というのに夏。日差しはすごく強かったです。日陰は涼しいですけどね。昼食を食べてから、民宿に戻ったら、車で船着き場まで送ってくれました。と行っても3分ほどで着くのですけど。

■恒例の島あげてのお見送り
小笠原の旅行で最後のメインは出港前のお見送り。噂には聞いていましたが、太鼓に踊り、そして島の観光業や飲食業などの方々が結構な数でお見送りしてくださいます。これはもちろん島の方々の気質や産業の成り立ちなどもあるでしょうけど、やはり島と外とをつなぐ唯一の交通手段が小笠原丸だからでしょうね。現在空港誘致をしているようです。住んでいる方にとって、また医療などを考えると飛行機は便利でしょうね。一方で、この不便さがあるから人は魅了されて父島や母島に来るのだろうなと思います。1度来たらもう5日ほど本土に戻れない。だからなかなか来られないけど、来たらハマる。そんな気がしました。
IMG_4216.jpgIMG_4223.jpg

IMG_4222.jpgIMG_4221.jpgIMG_4220.jpg

IMG_4224.jpgIMG_4225.jpgIMG_4228.jpg

湾を出る直前くらいまで船でお見送りしてくれます。10/30だったので結構な方々が仮装してここでもハロウィンなんだと思うくらい、ハロウィンの浸透力半端ないです。お見送りも終わって、船内に皆引き返したあたりで、最後にカツオドリが並走してくれました。かなり風が強かったのですが、カツオドリをしばらく見て日が沈むあたりから船内へ戻りました。
IMG_4229.jpgIMG_4243.jpgIMG_4246.jpg

行きと違って帰りは波も高かったようで、船外にはなかなか出られませんでした。そこまでひどい船酔いもせずなんとか本は読んでいましたが、行きよりは気分が悪く、船内でうろうろしている人が少なかった気がします。また、時間と大体の距離を計算していると、夜間はちょうど何もない場所を通る関係と人が寝ている時間だからか、速度を上げておそらく40~50kmくらいで、八丈島あたりから徐々に減速して、東京湾内は他の船もいるためか相当ゆっくり走ります。ゆっくり走っている時は甲板にも出ることができる可能性が高くなります。もちろん波次第ですけど。

IMG_4249.jpgIMG_4250.jpg

一度青ヶ島や八丈島付近を通る際に電波が繋がり、メールやらが一斉に入って来て、またしばらく圏外。千葉県の岬が見えて来る辺りになると電波が復活します。
IMG_4251.png

海ほたるが見えたので、もうそろそろ一航海も終わります。真ん中の写真はおそらく富士山なんじゃないかなって思ったのですが、確証はないです…
IMG_4255.jpgIMG_4256.jpgIMG_4257.jpg

この後翌日くらいまで私は陸酔いしていました…でも念願の小笠原、行けてよかった。現地で何度か「なんで小笠原に来たんですか?」と聞かれて、スキューバとか具体的な目的がなかったので回答に困りましたが、とにかく行って見たかった。見て見たかった。現地に踏み入れたかったとしか言えませんね。ある意味では東南アジアに行くより遠いですからね。
スポンサーサイト

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
730位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
198位
アクセスランキングを見る>>