スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画|天使のいる図書館|奈良の日常あるある満載でした

「奈良には鳥居が多すぎる」

この名言を生んだ(と勝手に思っている)現在公開中の「天使のいる図書館」を見てきました。奈良を舞台にした映画というのはもちろんなんですが、観光名所の奈良市でも明日香でも吉野でもなく、時代劇でもなく、今の葛城を舞台にした物語というのが興味深かったからです。

奈良公園も東大寺も出てきません。でも奈良にいる人がよく知る奈良。あー奈良あるあるや!ってのが満載でした。予想外に(失礼)中身もとってもよくて、若い人と60代以上の人がともに楽しめる内容で、主役の小芝風花さんとベテラン香川京子さん、森本レオさんらがとてもうまくはまってました。脇を固めるおっちゃん、おばちゃんらもおるおるって感じの人らでした。正直感動しました。なぜ広陵町がかぐや姫の町なのかも解説されてました。主人公の弟がいる柿の葉寿司をつまんでるのもいい味だしてました。

■ロケ地と普段取り上げられる奈良の違い
県外の方向けに説明すると、見事にいつも全国に取り上げられる観光地を外して、普段のならを新らたに描いてくれた作品といえます。(もちろん私が知らないだけなのかもしれませんが。)
天使のいる図書館地図


■個人的なあるある共感ポイント
・たんぼ道を爆走チャリンコ通勤、しかもカリメロ型ヘルメットを被る。そしてでっかい亀がいて田んぼに・・・
・ちゃりんこで回れる範囲で寺社仏閣めっさたくさんある
・アップダウンそこそこあって、若干きつい
・いい感じの古い家の町並み、でもところどころ土塀と瓦が崩れてる・・・でもそれがまたいい味

■見ていてわかった場所
広陵町立図書館(メインの撮影場所ですね。)
郵便名柄館(かなりおしゃれなカフェとして映ってました)
當麻寺 
JR香芝駅(旧下田駅)(なかなか素敵なローカル線の駅っぽく描かれてました)
大和葛城山
二上山(田園風景から見た夕日の綺麗なカットが背景になってました。そこを通ったのは二両編成の近鉄だったので、西田原本線かと)
大和高田市立病院(この近くの桜並木はよく自転車で見に行きましたし、近鉄大阪線の車窓からも見られます)

■知らなかった場所
屯鶴峯
綿弓塚
鴨都波神社

自転車道やたんぼみちをチャリで爆走する小芝風花さんがはまってました。またチャリンコで行ってみたい場所が増えました。

スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
237位
アクセスランキングを見る>>