スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島後記6月13日_山口君との再会!

6月14日から18日は1週間会社にお休みをいただき、
屋久島と鹿児島のえこふぁーむさんに行ってきました。

屋久島に行ったのは、
ちょうど1年3ヶ月前の田舎で働き隊@高知で知り合った、
研修生の山口君(秋田国際教養大学1期生)に会うため。

当時大学卒業直前だった彼が、
2009年4月から屋久島でガイドをすることになっていて、
「必ず行くから!」という約束をしていたから。

前々から屋久島には行きたかったので、
彼との約束が後押ししてくれました。

屋久島へは下記ツアーを利用して、
トッピー(船)を経由して行きました。
鹿児島港から屋久島まで約2時間です。
下記をご参照ください。
http://www.yakushimanavi.com/toppy.html

初日はいなか浜(海がめの産卵で有名な砂浜)でぼーっとして、二人でのんびりしました。
海がめの産卵で有名

■屋久島びっくり3
・なんと安房で昼間から海がめを見れた
安房で見た海がめ

→泳いでいた親子連れも見ていましたが、親が
 「近づいたらだめ。そっとしてあげて!」と言って優しく見守る子供達が印象的でした。 

・モスバーガーが開店するらしい
モスバーガー進出

・思ったより都会だった
電気屋兼スーパー

→神津島もそうでしたが、島で暮らしている人はファーストフードが珍しいのです
 ただ、観光という点では都会と似た風景やサービス形態になると、衰退期の一歩目になります。
 屋久島も広いので、都市化する所もでてきますが、島独自の魅力を守る努力を島の人がしないと
 観光も衰退してくることになります。


夜は安房という集落の風来りで久々の再会を乾杯しました~。
山口君が運転で飲めなかったのが残念。
ちなみにさばがめっちゃうまかった。
(首折さば が屋久島名物です)

風来り

風来りは、どちらかというと島ではめずらしいお洒落なお店です。
島の若い人や観光客の方に人気のよう。
ねっからのしまんちゅに会いたい人はちょっと違うかもしれません。

ちなみに屋久島の宮之浦と安房は、かなり都市化していて、
サービス業で就職が可能のようでした。

ただ、山口君曰く、
「一人だったら屋久島はなんとでも暮らしていけます。
 でも家族を持って安定した収入となると、なかなか難しいかも」
とのこと。

■屋久島観光の課題
・屋久島は登山が特に有名(縄文杉や白谷雲水峡など)
 →初日と最終日は山に登れない
 (夏場はスキューバになるみたいだが、スキューバやらない人も多いし、冬と雨のときできない)
 →半日でできる地元体験商品があればもっとニーズがあるはずです

スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
473位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
122位
アクセスランキングを見る>>