スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島後記6月16日 白谷雲水峡

前日の雨からか、白谷雲水峡は見事な霧化粧で、
まさに幻想的な森を演出していました。

つり橋もやのかかる森

うっすらと輝いて見えるのは苔の水滴。
ひんやりとして麗しい空気の原因です。
水滴が苔について綺麗

ここが増水時のポイントとなるところ。
まず昨日(6月15日)だったら渡れないですね。
増水危険ポイント

木にできた「こぶ」は実は病気だそうです。
病気を治すために木は必死に栄養分を送ります。
すると独特の模様になり、骨董商品としてはとても価値がでるそうです。
こぶ

山口君いわく、
「行程を気にしてか、白谷雲水峡より縄文杉のほうが
 ガイドを頼む方が多いですね。
 でも説明しがいがあるのは白谷雲水峡なんですけどね(笑)」
だとか。

「ちなみにこれ、どうやってできたかわかりますか?」
根っこからのぞく

まったくわかりませんでしたが、
「屋久島は切り株更新が多いので、切り株の上に新しい新芽がでて、
 株を避けるように根をはって、株が時を経て朽ち果てたからって言われてます。
 ま、森しか本当のことは知りませんけど。」

なるほどなぁと。
まさにもののけ姫の世界が続くなか、
もののけの森

モリゾー??
モリゾー?

いよいよ目指していた「たいこ岩」が近づいてきました。
いよいよたいこ岩?

そして登った先は!・・・?視界ゼロの世界。
雲の中にいたのです。
視界ゼロ

しばらく待つと、山が見えてきました!感動の景色。
ようやく見えた!

すると山口君、おもむろにコーヒーを沸かす準備をしてくれました。
コーヒーを入れてくれる山口君

たいこ岩から景色を見ながら飲むコーヒーは、
某大手缶コーヒーのCMより「ぜいたくだぁ!!!」
贅沢なコーヒー
たいこ岩で昼食

ちなみにたいこ岩、なぜ「たいこ」なのかというと、
太古だからではなく、この割れ目をたたくと音がするから「太鼓岩」だそうです。
行った人はぜひ叩いてみてくださいね。
たいこ岩の理由

「今日の森は95点くらいですよ。
 すいていて、静かで、霧がかかっていてきれいで。
 なかなかないですよ。後は日が指して虹がでたりすると100点かな。
 でも森は120点もだしますからね(笑)」

95点でもいいんです。
山口君のガイドで120点ですから。
記念撮影



スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
1096位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
289位
アクセスランキングを見る>>