スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島後記6月16日 屋久島ツアーガイド 山口徹君

その後、湯泊まり温泉で汗を流しました。

湯泊まり温泉は海中温泉みたいな感じですが、
24時間入れます。海中温泉がだめだったときに是非。
ここは一応ロッカーや脱衣場があります。
ただし水着着用禁止で、仕切りはあってないようなものなので、
ほぼ混浴に近いです。女性はバスタオルが要りますね。
お湯が結構ぬるいです。
湯泊温泉  湯泊温泉からみえる景色


その後「はちまん」というお店に行きました。
最後の晩餐です。

■ツアーガイド 山口 徹君(25)


私「なんでツアーガイドになろうと思ったん?」

山口君(以下 山)
「最初は普通に大企業とかの就職受けてました。
 車が好きだから車のメーカー。環境の番組作りたいからNHKとか。
 でも動機が弱いな。そんなになりたいのかな?って。」

山「いろいろ受けてみて、自分が会社で働くってのが想像できなくて。
  それで、とにかく何したいのかなって考えて。
  自然環境と関係する仕事ないかなぁって探し始めて。
  そしたら、尾瀬のガイドのインターンがあったんです。
  それでまず行ってみよう!って。」

さっそうと歩く山口君


私「それがよかった?」

山「いろいろあってそこで働こう!って思わなかったですけど、
  こういう仕事もありなんだ。おもしろいなって。」


私「それで屋久島のガイドはどうやって探したの?」

山「検索で片っ端から探して、そしたら釧路と屋久島のガイドが募集してた。」

私「それで応募したんや。」

山「はい。」

私「すごいね。普通は疑問抱えていても、
  とりあえず企業に入ろうとする人が多いのに。」

山「自分の決断に後悔したくないというか。
  大学でもどこかに1年留学する制度があるんですが、
  普通は将来のためとか考えて、英語圏行く人が大半なんですよ。
  自分は行きたいって理由だけでモンゴルに行ってました。
  同級生もみんななんで~って言ってました(笑)」

私「人と違うってことをその当時から怖がらなかったんやなぁ」

山「別に他人がやってたら、自分やらなくてもいいかなぁって。」

私「それは共感するな(笑)でもなかなか実行できないもんやん。
  不安はなかった?」

山「生活できるのかなって不安はありました。
  でも住む家もガイドの会社が調整してくれましたし、
  今2.5万/月で住めています。」

山口邸

私「そっか。確かに屋久島は不動産屋がきちんとあるから、
  お金があれば移住できる仕組みにはなってるよな。
  地域の人とは交流ある?」

山「なくは無いですけど、とりたてて深いつきあいがあるかどうか。
  でもガイドしていたら、挨拶してそのうち顔覚えてもらえたりもします。」

私「島が広いから、まだそこまで深く入らなくても暮らしてはいけるんや。
  でもせっかく来たら地域の人達とも関っていけたらいいね。」

山「そうですね。せっかく来たので。」

私「ガイドって定額給与やないよね?」

山「他は知らないですけど、
  ガイドは1回いくらって世界なんで、仕事ない月は結構減りますけど。
  家族養ってらっしゃるガイドさんもいますよ。」

私「仕事少ない時期は何してるん?」

山「休日は山に登るか、屋久島の歴史や植物の本を読んだり、
  あといなか浜でぜいたくに寝てます(笑)」

いなか浜で寝そべる山口君

私「ええなぁ。しかし、休日も山登るんや。」

山「はい、山はいろんなコースありますし、登るたびに違う表情を見せてくれて。
  同じ山は1回としてないですけど、できる限りいろんな山を見て、
  いろんな山を伝えられるようにしたいんです。
  本は、山登ってわかんないの調べて、また登って。」

山「お客さんの質問にも答えられないのがあると調べて。
  お客さんごとに質問や食いついてくるところ違うんで、紋切り型にはいきません。
  そこが楽しい。今日のお客さんはどこに食いついてくるかなって。
  話多いのがいい人、少ないほうがいい人いろいろですね。」

私「そこがやりがい?」

山「そうですね。お客さんが楽しそうなのと、
  屋久島を通じて、自然に関心を持ってくれた時。
  あと自分のツアーを作れるってことですよね。
  ガイドさんはたくさんいるけど、みんなその人のガイドがある。
  島の人には方言や昔話ではなかなか叶わないけど、
  外のガイドでも植物の説明なんかでは努力次第で勝負できる。」

私「仕事にきちんと「わたし」がいるんやね。」

山「そういうことかもしれないですね。
  ガイドしていたお客さんと仲良くなって、連絡とるようになって。
  最初にガイドした人が同じくらいの歳で、
  なんでこの仕事選んだのって聞かれて、
  いろいろ答えてたら、今まで自分はそんなこと考えもしなかったって。
  すごく悩んじゃって。。。」

山「でも1年後また来てくれて、つながっていくってのは嬉しいですね。」

ガイドしてくれる山口君


私「そうかもなぁ。みんな山口君みたいに考えて、
  自分で動いて、決断できたらええのにな。
  みんな内定いくつ出たとか、どこの企業に決まったとか。
  大事なのは何がしたいとか、なんでその企業にしたかとかなのに・・・。」

私「今後は?ずっと屋久島?」

山「いろんなところでガイドしたいなと。
  屋久島は登山ガイドって感じではないので、
  安全対策もきちんとやりますけど、登山のそれには及ばない。
  だから雪山でもガイドできるようになりたくて。
  2,3年屋久島でガイドしたら、次を探すかもしれません。
  あとはいつか地元の岩手を盛り上げたい!って思って。」

私「そっかぁ。んじゃまた次は違うところでガイドしてもらえるなぁ(笑)」

山「ぜひ来てください!」

私「お互い地元盛り上げられるとええなぁ。
  俺も5年以上先のつもりやけど、奈良で仕事創りたい。」

山「じゃあ案内してくださいよ。」

私「それまでに勉強せんとかんといかんね(笑)」
スポンサーサイト

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
944位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
250位
アクセスランキングを見る>>