スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和西大寺駅|駅中と鉄分多めの展望スペース

奈良県民であれば当たり前の大和西大寺駅の分岐点。でもどうやら鉄ちゃんにはたまらない場所だったみたいです。私も電車好きですけど、やっぱり鉄ちゃんではないんだなって思いました。

この分岐点は先日のアメトーークでも放映されていました。


という話をしたかったわけではないです。

大和西大寺駅は近鉄の主要駅ではあるのですが、乗り換えポイントとして重要なのであって、降りる人は通る人の割合にしたら少ない駅です。地方私鉄の大きい駅あるあるですね。

・乗り継ぎ次第ですが、10~20分待つこともある
・途中下車のコストを考えると降りるほどではない(主観)

という課題を見事に解決しているのがエキナカです。
大和西大寺駅展望3


ご覧の通り完全に駅の中に商店があります。お土産もそうですが、普通に飲食店とスーパーがあります。通勤している人は大阪あるいは奈良駅から京都か橿原神宮前へ向けて乗り換える際に、買い物できたら便利ですよね。帰りにちょっと一杯というのも西大寺の先で行き先が分かれる人たちにとって便利です。

もちろん観光地である近鉄奈良駅があるから成立するところもありますが、いいなと思ったのは普段使いできる人がたくさんいるだろうと思ったからです。特に大和西大寺駅から橿原線乗り換えは待ち時間が長い場合があります。夜になると急行がしばらく来ないタイミングもあります。そうなると買い物して急行待てたらとっても便利なはずです。近鉄としてもただ通るだけの駅から別のキャッシュポイントが作れるわけでとってもいいですよね。

そして、冒頭にお伝えした通り、日本有数の分岐点はある種の鉄道ファンにはたまりません。先日気づきましたが、きちんと展望スペースが設けてあったのです。ここで鉄道ファンはもちろん、子どもさんが大満足。小さな男の子を連れた親御さんが代わる代わる訪れていました。お父さんと子どもは展望スペース。お母さんは買い物なんてことも成立しますね。(やはり女の子が少なかったので、あまり興味持たないのかもしれませんので、そこは課題かもしれないですが)
大和西大寺駅展望2大和西大寺駅展望1

でも、今まで活用できていなかったスペースと課題に価値をつけたのはとってもいいなと思いました。置いてあるものも奈良の産品中心なのでこういう駅の取り組みは増えてほしいと思います。大和八木でもやってくれないかな…

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

小笠原一航海_名物出港時のお見送り_161030 31

朝食を食べて、最後に歩いて東町西町をぐるっと一周してました。小笠原の街の中心には山があって、そこにはお宮さんがあり、お祭りの用意がなされていました。ここは津波が来ても山に登ればなんとかなるのかもなぁと思いました。昼間から缶ビール片手に散歩してました。疲れて浜辺で寝てたり。思えば最終日の午前中が一番のんびりしてましたね。なんせ暖かい。もうすぐ11月というのに夏。日差しはすごく強かったです。日陰は涼しいですけどね。昼食を食べてから、民宿に戻ったら、車で船着き場まで送ってくれました。と行っても3分ほどで着くのですけど。

■恒例の島あげてのお見送り
小笠原の旅行で最後のメインは出港前のお見送り。噂には聞いていましたが、太鼓に踊り、そして島の観光業や飲食業などの方々が結構な数でお見送りしてくださいます。これはもちろん島の方々の気質や産業の成り立ちなどもあるでしょうけど、やはり島と外とをつなぐ唯一の交通手段が小笠原丸だからでしょうね。現在空港誘致をしているようです。住んでいる方にとって、また医療などを考えると飛行機は便利でしょうね。一方で、この不便さがあるから人は魅了されて父島や母島に来るのだろうなと思います。1度来たらもう5日ほど本土に戻れない。だからなかなか来られないけど、来たらハマる。そんな気がしました。
IMG_4216.jpgIMG_4223.jpg

IMG_4222.jpgIMG_4221.jpgIMG_4220.jpg

IMG_4224.jpgIMG_4225.jpgIMG_4228.jpg

湾を出る直前くらいまで船でお見送りしてくれます。10/30だったので結構な方々が仮装してここでもハロウィンなんだと思うくらい、ハロウィンの浸透力半端ないです。お見送りも終わって、船内に皆引き返したあたりで、最後にカツオドリが並走してくれました。かなり風が強かったのですが、カツオドリをしばらく見て日が沈むあたりから船内へ戻りました。
IMG_4229.jpgIMG_4243.jpgIMG_4246.jpg

行きと違って帰りは波も高かったようで、船外にはなかなか出られませんでした。そこまでひどい船酔いもせずなんとか本は読んでいましたが、行きよりは気分が悪く、船内でうろうろしている人が少なかった気がします。また、時間と大体の距離を計算していると、夜間はちょうど何もない場所を通る関係と人が寝ている時間だからか、速度を上げておそらく40~50kmくらいで、八丈島あたりから徐々に減速して、東京湾内は他の船もいるためか相当ゆっくり走ります。ゆっくり走っている時は甲板にも出ることができる可能性が高くなります。もちろん波次第ですけど。

IMG_4249.jpgIMG_4250.jpg

一度青ヶ島や八丈島付近を通る際に電波が繋がり、メールやらが一斉に入って来て、またしばらく圏外。千葉県の岬が見えて来る辺りになると電波が復活します。
IMG_4251.png

海ほたるが見えたので、もうそろそろ一航海も終わります。真ん中の写真はおそらく富士山なんじゃないかなって思ったのですが、確証はないです…
IMG_4255.jpgIMG_4256.jpgIMG_4257.jpg

この後翌日くらいまで私は陸酔いしていました…でも念願の小笠原、行けてよかった。現地で何度か「なんで小笠原に来たんですか?」と聞かれて、スキューバとか具体的な目的がなかったので回答に困りましたが、とにかく行って見たかった。見て見たかった。現地に踏み入れたかったとしか言えませんね。ある意味では東南アジアに行くより遠いですからね。

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

小笠原一航海_朝日と中央山_161030

原付は借りた時間の24時間以内に返却すればよかったので、9時過ぎまでは原付が使えました。ということで、最終日は日の出を見に旭平展望台に5:30頃に向かいました。そしたら既に先客が4名ほど・・・すごいなと思いました。出港日出なければもう少し少ないのかもしれませんが、皆さん考えることは似てきますね。

■旭平展望台からの朝日
IMG_4117.jpgIMG_4118.jpgIMG_4122.jpgIMG_4121.jpg

IMG_4119.jpgIMG_4120.jpg

■中央山
朝日を見た後は、昨日回りきれなかった山を回ってました。中央山も登りました。朝日が島に降り注ぐ中央山頂は絶景でした。
IMG_4134.jpgIMG_4133.jpgIMG_4136.jpg

■小笠原神社
もともと無人島だったようですが、先に白人や現地周辺の人々が移住したようです。その後、江戸時代に幕府が開拓に着手した島だとのこと。その後しばらく開拓は頓挫していたようですが、明治政府が1876年に改めて開拓に着手し、正式に日本領となったようです。そのあたりの経緯が石碑に簡潔に記載されていました。
IMG_4139.jpgIMG_4135.jpgIMG_4147.jpg

早起きは三文の得と言いますが、絶景に巡り会えた朝でした。感謝。いよいよこの日の午後は本土へ向けて出港です。

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

小笠原一航海_旭山_161029

引き続き原付で島の北へ向かい、4時前ころに旭山の麓につきました。ちなみに写真に撮れませんでしたが、天然記念物アカガシラカラスバトと思われる鳥がみられました。で、今度はおそらく固有種のほうのトカゲも?ジョンビーチで見たのはどうも外来種っぽかった。でもわかりませんね素人には。
IMG_4081.jpgIMG_4085.jpgIMG_4087.jpg

正直午前のジョンビーチで体力をすり減らしていましたが、旭山は20分くらいで登れました。旭山は街に近く、港と街が見渡せる絶景ポイントです。
IMG_4089.jpgIMG_4091.jpgIMG_4090.jpg

IMG_4097.jpgIMG_4098.jpg

旭山にも至る所で戦跡が見られます。一つ間違えば硫黄島の攻防はここで行われていた可能性もあるのですから、そらそうですよね・・・
IMG_4102.jpgIMG_4101.jpg

この後旭山を下山して三日月山展望台まで夕日を見に行ったのですが・・・もう人が多すぎで、せっかく人の少ないところに来たのになんだかなぁと思って帰ってしまいました。いわゆる観光のお薦めポイントは私には向かないようです。ので、翌朝朝日を見に行こうと決めました。

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

小笠原一航海_ハートロックカフェ_161029

島南部を走っていると父島クリーンセンターがありました。だいたい行政区分の外れに作られますよね。
IMG_4065.jpgIMG_4066.jpg

■コぺぺ海岸へ続く道
IMG_4067.jpg

■扇浦の商店
IMG_4068.jpg

■ハートロックカフェ
だいたいのお店が14時を過ぎて閉まっていたので、カフェで軽食をとりました。父島にはハートロックと呼ばれるハート型に見える岩がありまして、それとアメリカにあるハードロックカフェを混ぜただじゃれの名前でしょうね。ロゴもパロディなので。欧米観光客と思われる方が連日なんでしょうね、昨日と一緒みたいな注文の仕方してました。気持ちわかるけど地のものも食べたら?って思いましたけどね。
IMG_4069.jpgIMG_4071.jpg

■島東部山道
おなかが満たされたらもう14時半。島の東部を通って一周したあたりの旭山を登るには時間がない・・・ということで急ぎました。天体観測所やら種子島で打ち上げたロケットを追跡する施設などおもしろそうな施設でしたが、中に入るのは無理でした。そらそうだわな。
IMG_4072.jpgIMG_4077.jpg

で昨日のツアーの入り口となった夜明け山まで戻ってきました。気になっていたのは首なし二宮尊徳の像。心霊?っておもってましたが、どうやら説明書きを見ると敢えてこのままにしているみたいでした。首は米軍が持ち去ったようですと書いてありました。
IMG_4073.jpgIMG_4074.jpgIMG_4075.jpg

明るいうちに旭山を登って降りてしたいので急ぎました。

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
記事から探す
プロフィール

ebiy1

Author:ebiy1

最新記事
twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
730位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
198位
アクセスランキングを見る>>